プロフィール

69期弁護士。新卒で入所。入所から一般民事や企業法務など幅広く案件を担当。所内ではムードメーカーとして仕事場を盛り上げるなど、様々な方面で活躍中。

どんなお仕事をしていますか?

 入社4ヵ月目の現在は、一般民事が中心ですが、先輩弁護士とチームを組んで交渉・訴訟・顧問先の業務などに取り組んでいます。
 業務の進め方は、先輩弁護士と事件解決の方向性を相談し、具体的な問題点(手続き面や法律面)を洗い出して、その内容についてリサーチして報告するという流れです。触れたことのない類型の案件や全く分からない手続きに直面すると、大変だと思うこともありますが、時間を作って勉強するしかないなと思っています。
 このような一連の業務の中で、先輩から「報告資料も完成度を高めていこう」とアドバイスをもらい、書面作成やリサーチには時間をさくように心がけています。文書作成のような弁護士として生涯必要なスキルを高められるように、新人のうちに注力して仕事ができるのは有り難いことだと感じていますし、成長実感も持てています。

志望動機は何ですか?

 募集要項で「ライティング業務が好きな人」と見て興味をひかれ、面接時に「webサイトに自分の名前で記事を書く」と言われたことがきっかけでした。
 新人のうちは裁判所への書面を書くことがほとんどの事務所や、チームで仕事をして一番上席の方がチェックをした書面を出す事務所が多い中で、「自分で責任を持って文章を書くことができる」ということにとても興味をそそられました。また、どのような内容の記事を書くかということも自分の裁量なので、通常の業務の他に、自分が興味のある分野を突き詰められるのが魅力だと感じました。
 実際には、読み手のことを想定して文章を書くというのは、これまでになかった視点で考えることが必要なので、楽しくやりがいを以て取り組めています。

これからピクト法律事務所でチャレンジしたいことを教えてください。

 当面の大きな目標は、先輩のチェックを受けずに案件を進められるよう、仕事の質を高めていくことです。試験問題のような「事実はこうです。法律的にどう考えますか?」という問いとは異なり、実務では「この時点では何を事実と捉えるか」「この書面は全体の中でどんな位置づけなのか」を考えなければならないので、その観点を磨いていきたいと思っています。
 中期的には、訴訟や交渉についての業務を効率よく進められるように自分を磨き、自分の勉強の時間を増やして、ライティング業務で一花咲かせたいですね。読み手や依頼者の方に「ありがとう」と言ってもらえるように頑張りたいです。

将来の夢、理想の弁護士像は何ですか?

 1つ目はオールラウンダーであることです。そもそも弁護士を目指したのも、その業務範囲の広さに憧れたことがきっかけでした。自分のやりたいことを自由に選んで進めていけるというのがピクトの良いところなので、この環境を活かし、将来的にはまだ誰も開拓していないサービスを提供したいですね。
 2つ目は、自分が興味を持っている分野については「誰にも負けない」という矜持を持てるようになることです。今は、「試験には出題されないけれど実務上どうなっているのか」などを契機に勉強することも多いので、「この分野なら萩谷に」と言ってもらえるように、継続的に勉強したいと思っています。

就職活動中の司法修習生へメッセージ

 採用面接にはたくさん行きましょう!募集要項では分からないこともたくさんあるので、実際の事務所に足を運ぶのがおすすめです。
 そして縁あってピクトに入社された暁には、一緒に仕事頑張りましょう!待っています。

aaaa

aaa