常に進化し続ける法律事務所

 ピクト法律事務所は、事務所や個人として成長することはもちろん、お客様にも常に新しい価値を提供すべく、挑戦を続けています。
 例えば、お客様には、業種に特化した専門的なコンサルティングやタイムリーな情報提供など、企業の実践的な判断に資するサービスを展開しています。サービスの品質向上のためにも、組織力の強化・業務効率化・自己研鑽へのサポートなど、事務所や個人の成長への投資にも積極的です。

新しい法律サービスを提供

 従来より弁護士は紛争が起こった時にのみ活動することが多いですが、それでは企業様に付加価値の高いサービスを提供することは難しいと、ピクト法律事務所は考えます。だからこそ、これまで「弁護士事務所がやってきたこと」の枠を飛び出し、新しい価値を提供することを目指しています。
 たとえば、ビジネスマンとして、常にクライアントを取り巻く環境の変化に応じた専門的かつ最新のコンサルティングができる状態であることや、弁護士が個々に活動するのではなく組織化することで、ロスを最小限にお客様対応をすることなど、法律事務所ではあまり見られなかった当たり前を形にしています。
 また、そのような新しいサービスを提供するためにクリエイティブな時間を確保することが必要ですので、社内ではPDCAを回して、効率的かつ生産性の高い働き方を求めています。

幅広い業務に携われる

 ピクト法律事務所では、業種に特化したリーガルサービスを提供しています。新卒で入社された場合には、まずは先輩弁護士と共に色々な業種の案件に携わっていただきます。業種別のリーガルサービスでは、●●や●●、●●などを扱っていただくこともあります。また、特徴的な業務として、その業種の事業者様向けの情報提供として、webサイトに掲載する記事を書くなどのライティングがあります。関係法令や慣習に詳しくなることはもちろん、法律家以外の方にも分かりやすく物事を伝える力を養います。
 知識と経験を得た後には、ご自身の担当業種を決めます。その業種の相談を受けることはもちろん、関係する業界・法令の情報収集なども積極的に取り組み、その業種の方々への情報発信などを継続していただきます。
 紛争が発生してから対応ことにとどまらず、パートナーとして企業の方の意思決定に役立つ知見を提供するなど、付加価値の高い業務に携わることができる職場です。

成長実感の持てる職場環境

 ピクト法律事務所では、年次や職種を超え、日常的に活発な議論が行われています。お互いの知識や経験を尊重し合う建設的な議論が交わされるのはもちろん、一方で、常に知識の研鑚とキャリアの棚卸が求められる環境であるともいえます。新人のうちからご自身の考えや根拠を整理し、議論する力を養えます。
 また、メンバーからの提案を常に歓迎するので、「こういう仕事をしたい」という目標のある方には非常にやりがいのある職場風土です。例えばライティング等を行う業種・記事のテーマ、いちビジネスマンとしてのご自身のスキルアップなどは、ご自身の興味関心や目的意識に応じて決断していただきます。

aaaa

aaa