渋谷の弁護士をお探しならピクト法律事務所

南史人 Fumito Minami

弁護士 南 史人

南画像 メッセージ
弁護士として、企業間取引、不動産取引、債権回収、労働管理等の案件を多数扱う中で、事前に紛争リスクを低減させることの重要性を痛感しました。当事務所では、紛争になった場合の解決はもちろん、事前のリスク回避にも注力したいと考えています。企業様のより良いパートナーとなれるよう、スピード感を持った、かゆい所に手が届くサービスを心掛けていきます。
 経歴
京都府出身
2009年 中央大学卒業
2011年 中央大学法科大学院修了
2013年 第一中央法律事務所入所
2014年 西船橋法律事務所入所
2015年 ピクト法律事務所入所

メディア・連載等

連載サイト

新着記事

IT・EC 2018年5月17日

連載記事ー【モールに対して知的財産権侵害の通報をする際に実務上注意するべき点】をアップしました。

商標権や著作権を有している者は、他人が無断でその商標や著作物を利用している場合、差止請求をすることができます。今回は、楽天やヤフーなどのモールで商標権や著作権の侵害行為がされている場合の差止請求の留意点について解説しています。

IT・EC 2018年5月10日

連載記事ー【ウェブサイトの作成に関する知的財産権の問題まとめ】をアップしました。

ウェブサイトを作成する行為は、景品表示法や消費者契約法などのほかにも、著作権法や商標法などの知的財産権の法律にも配慮する必要があります。今回は、ウェブサイトを作成することがどのように知的財産権の問題を生じるかについて解説しています。

IT・EC 2018年4月26日

連載記事ー【パロディ商品の販売も商標権侵害になる!?】をアップしました。

パロディ商品は、高い売上見込みが立つ点で事業者にとっては魅力的ですが、本家の商標と類似しているため商標権侵害の問題が生じます。今回は、パロディ商品に関連して、問題となった裁判や特許庁での出願手続での注意点について解説しています。

その他、所属等

第二東京弁護士会

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 03-6427-2619 受付時間 /平日9:00 〜18:00

新着記事一覧

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ピクト法律事務所 All Rights Reserved.