渋谷の弁護士をお探しならピクト法律事務所

南史人 Fumito Minami

弁護士 南 史人

南画像 メッセージ
弁護士として、企業間取引、不動産取引、債権回収、労働管理等の案件を多数扱う中で、事前に紛争リスクを低減させることの重要性を痛感しました。当事務所では、紛争になった場合の解決はもちろん、事前のリスク回避にも注力したいと考えています。企業様のより良いパートナーとなれるよう、スピード感を持った、かゆい所に手が届くサービスを心掛けていきます。
 経歴
京都府出身
2009年 中央大学卒業
2011年 中央大学法科大学院修了
2013年 第一中央法律事務所入所
2014年 西船橋法律事務所入所
2015年 ピクト法律事務所入所

メディア・連載等

連載サイト

新着記事

IT・EC 2018年8月9日

連載記事ー【税関で知的財産権侵害物品の差止めができる!?】をアップしました。

知的財産権侵害物品に対する輸入の差止請求は、裁判所での判断を経る以外にも、税関での手続も用意されています。今回は、税関での輸入差止手続について、概要や申請書、注意点など、おおまかな点について解説しています。

IT・EC 2018年8月2日

連載記事ー【IT・EC事業者も押さえておくべき平成30年著作権法改正の内容とは】をアップしました。

平成30年の国会で、デジタル通信技術の発展に対応するべく、デジタル関連事業での著作物の利用などに関して著作権法が改正され、早いものは平成31年1月1日から施行されます。今回は、IT・EC事業者も押さえておくべき著作権法改正の概要を解説しています。

IT・EC 2018年7月26日

連載記事ー【インターネット授業配信サービスの落とし穴!?】をアップしました。

近年増えてきている、インターネット上で教科書や授業を配信するサービスは、著作権法による手当があまりされていません。今回は、このようなサービスと著作権法との関係性と、授業を配信する塾の事業者が注意するべき点について解説しています。

その他、所属等

第二東京弁護士会

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 03-6427-2619 受付時間 /平日9:00 〜18:00

新着記事一覧

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ピクト法律事務所 All Rights Reserved.