渋谷の弁護士をお探しならピクト法律事務所

南史人 Fumito Minami

弁護士 南 史人

南画像 メッセージ
弁護士として、企業間取引、不動産取引、債権回収、労働管理等の案件を多数扱う中で、事前に紛争リスクを低減させることの重要性を痛感しました。当事務所では、紛争になった場合の解決はもちろん、事前のリスク回避にも注力したいと考えています。企業様のより良いパートナーとなれるよう、スピード感を持った、かゆい所に手が届くサービスを心掛けていきます。
 経歴
京都府出身
2009年 中央大学卒業
2011年 中央大学法科大学院修了
2013年 第一中央法律事務所入所
2014年 西船橋法律事務所入所
2015年 ピクト法律事務所入所

メディア・連載等

連載サイト

新着記事

IT・EC 2018年11月1日

連載記事ー【著作権を共有しているとどのような不都合があるのか?】をアップしました。

著作物を複数人で作成すると、著作者も複数人になることがあります。今回は、どのような場合に著作者が複数になるのか、その場合の権利関係に不都合な点はあるのか、対策方法はあるのかについて解説しています。

IT・EC 2018年10月25日

連載記事ー【従業員が作成した著作物は当然に会社のもの!?】をアップしました。

会社の業務で作成したイラストやテキスト等の著作物については、一定の場合には、会社が著作者になります。今回は、どのような場合に会社が著作者になるのか、そのために実務上注意することは何かについて解説します。

IT・EC 2018年10月18日

連載記事ー【使っていないと商標権が取り消される!?】をアップしました。

商標を使用していないと、登録審査の場面や登録後に、様々な不利益が生じます。今回は、商標を使用していないと商標登録が拒絶されるのかについてや、第三者から商標の取消審判を起こされることについて、概要や対策などを解説しています。

その他、所属等

第二東京弁護士会

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 03-6427-2619 受付時間 /平日9:00 〜18:00

新着記事一覧

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ピクト法律事務所 All Rights Reserved.