渋谷の弁護士をお探しならピクト法律事務所
連載記事

税理士新着記事

連載記事ー【遺言の解釈(代償分割か換価分割か疑義がある事例を参考に)〜遺言の法務と税務⑥〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【遺言の解釈(代償分割か換価分割か疑義がある事例を参考に)〜遺言の法務と税務⑥〜】をアップしました。  公正証書遺言であれば、公証人が作成に関与しているため大きな問題がないかとも思われがちですが、時 …

連載記事ー【特定遺贈と相続させる旨の遺言の違い〜遺言の法務と税務⑤〜 】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【特定遺贈と相続させる旨の遺言の違い~遺言の法務と税務⑤~】をアップしました。 遺言事項のうちでも混同されがちな「相続させる」旨の遺言と特定遺贈の違いなどを解説しています。  相続税申告にも影響を及 …

連載記事ー【遺言事項(相続分の指定、遺産分割方法の指定、遺贈、相続させる旨の遺言など)の総論〜遺言の法務と税務④〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【遺言事項(相続分の指定、遺産分割方法の指定、遺贈、相続させる旨の遺言など)の総論〜遺言の法務と税務④〜】をアップしました。 今回は、遺言事項の総論的な部分について、解説しております。

連載記事ー【遺言の方式(自筆証書・公正証書・秘密証書・その他特別方式)〜遺言の法務と税務③〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【遺言の方式(自筆証書・公正証書・秘密証書・その他特別方式)〜遺言の法務と税務③〜】をアップしました。 遺言シリーズの3回目となる今回は、遺言を作成する際に要求させる方式について、解説しております。

連載記事ー【遺言能力とは?(遺言者に認知症の疑いがある場合等の扱い)〜遺言の法務と税務②〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【遺言能力とは?(遺言者に認知症の疑いがある場合等の扱い)〜遺言の法務と税務②〜】をアップしました。 今回は、遺言が有効なものとして、扱われるために必要な「遺言能力」について、解説しております。

連載記事ー【遺言の基本的な考え方 〜遺言の法務と税務①〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【遺言の基本的な考え方 〜遺言の法務と税務①〜】をアップしました。 今回から、税理士の先生も良く遭遇するであろう遺言をシリーズにして解説していきます。第一回目として今回は、遺言の基本的事項や大枠につ …

連載記事ー【従業員の不正(横領等)に対する損害賠償請求権の益金算入時期と貸倒れ 〜貸倒れの税務と法務⑦〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【従業員の不正(横領等)に対する損害賠償請求権の益金算入時期と貸倒れ 〜貸倒れの税務と法務⑦〜】をアップしました。 今回は、従業員の不正が発覚し、損害賠償請求権が生じた場合の問題について解説しており …

連載記事ー【債権の消滅時効と貸倒れ 〜貸倒れの税務と法務⑥〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【債権の消滅時効と貸倒れ 〜貸倒れの税務と法務⑥〜】をアップしました。 今回は、債権・債務の消滅原因の代表格である消滅時効制度と貸倒損失の関係について解説しております。

連載記事ー【債務免除(債権放棄)と寄附金の関係 〜貸倒れの税務と法務⑤〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【債務免除(債権放棄)と寄附金の関係 〜貸倒れの税務と法務⑤〜】をアップしました。 今回は、債務免除が有効に成立している場合であっても、貸倒れの要件事実である当該債権の社会通念上回収不能といえない場 …

連載記事ー【債務免除(債権放棄)の有効性と貸倒れの要件 〜貸倒れの税務と法務④〜】をアップしました。

 税理士の先生向けに、【債務免除(債権放棄)の有効性と貸倒れの要件 〜貸倒れの税務と法務④〜】をアップしました。 今回は、債務免除による貸倒れの要件と、その要件のうちの一つである債務免除の有効性について解説しております。

1 2 3 6 »

新着記事一覧

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ピクト法律事務所 All Rights Reserved.